読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

初夏のめぐみ。

草花はそこにあるのが美しい。

 

f:id:keiko-san:20160624083330j:plain

 

虫や生き物全般好きな、息子1・きりん。

花や植物も好きです。

庭の草花を部屋に飾る際にも、彼の許が必要です・・・(^_^;)

何故なら

【植物は、そこにあるのが、いちばん綺麗だから摘まないで!】

と言うのです。

春先に、水仙が咲いてるのをみて、

「本当にその通りだな・・・」と思い、摘むことができませんでした。

在るべき場所に在ることの美しさを感じました。

草刈りにも許可が必要でちょっと困ることもありますが、(笑)

考えてみれば、草刈りも、

「人間側の都合」なんですよね。

草花してみれば、在るべきでそこに在る。

とはいえ、生活上でちょっと困るところは、

やむを得ず刈らせてもらってますが(^_^;)

草花も、摘ませてもらうこともありますが、

そのときは、

「少しだけ、わけてください」という気持ちになります。

 

庭に桑の樹がある!

 「庭に桑の樹があるよ!」と発見。

神奈川に住んでいた時も、裏山に分け入って、

よく桑の実をこどもとほおばっていました。

最近では、幼稚園の桑の樹で、

口の周りを赤く染めつつこどもたちがほおばっていました。

昨年11月に今の一軒家をお借りしたときは、

引越し翌日に60年ぶりの大雪が降り、

庭にいったいなにが生えているかもわからないまま、

雪深くなっていきました。

春になり、暖かくなるにつれ、様々な草花が顔をだし、

嬉しい驚きです。

桑の実にこどもたちは大喜び。

背伸びして、石に乗って、手を伸ばします。

その姿は微笑ましいなと思います。

こどもたちの、

「もっと食べたい!」の声に応えるべく、

一番必死に摘むのは母かもしれません・・・(笑)

 

広告を非表示にする