読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

「わかりあえないことから~コミュニケーション能力とは何か~」平田オリザ

おすすめ。

f:id:keiko-san:20160629065414j:plain

なかなか本を読む時間は取れないのですが、

(これは、隙間時間を上手に使って読む方もいるので、

言い訳です。(笑))

ちょっとづつですが、今まで読んだ本、最近読んだ本、

おもろかった本、などなどをオススメしていこうと思います。

 

 「コミュニケーション」ってなんだろう。

  これという答えがでることではないのですが、

「コミュニケーション」という言葉が、
色々な使われ方をしていて、それが多用にされる度に、
「コミュニケーションってなんだろう?」
と思うことが多くあります。
 
みんなとなかよくできること?
相手を理解できること?
 
そんな中、この本を読んだら、
点と点が、線となりクリアになった部分が多くありました。
 
 「みんなちがって みんないい」
 というより、
 「みんなちがって たいへんだ」から始めること。
 
それが現代の状況だと理解すると、
(実は、現代に始まったことではないのかもしれませんが。)
大人である自分が「みんなとなかよく」できないのに、
こどもたちに、
「みんなとなかよくしようね」とは言えないし、
言う必要もないなと実感します。
 
だいたい、【なかよくする】のではなく、
なるべき間柄であれば、自然に【なかよくなる】のだと思うし、
様々な感性をもった人がいるのだから、
合う、合わない、があって当然ではないかと。
 
かといって、ぶつかりあうことが目的はないので、
 「私とあなた、お互いに違うからちょっと大変だよね~」
 ということから出発して、
「じゃあ、どのあたりで話すことができるのかな~?」
と、進んでいく。
 
相手と共通で認識が出来る点をいかに探り合えるか、
ということが、コミュニケーションだ、
と思うと、また違う視点で、人との関わりを持てる気がします。
 
 表現の多様性を子どもたちが知ること。
しゃべらない、そこに居ないということさえも、
演劇を通じて、それが表現のひとつなのだとこどもたちが感じるということ。
 ということが書いてあったのですが、
 「明るくて、元気で、ハキハキ話して、誰とでも仲良くできる」
 =「大人が求める【良い子】」として、
知らないうちに子どもに押し付けてしまっている場合、
こどもたちは、このような表現に出会った時に、
自分との差異に色々感じることもあるでしょう。
 

自分エネルギーの使い方。

こどもの時に、
「人や物事の表現には様々な形がある」
ということを、知ること、受け入れること、認められること、
自分もそのように受け入れられる経験をすることは、
自己肯定に大きな役割を果たす気がするのです。
 
そして、他者を否定しない、ということにも、
繋がることにもなるかもしれません。
自分以外の人を否定するということは、消耗することだと思うのです。
他の人や物事を否定しないということは、
余計なエネルギーを使わずに済むということではないでしょうか。
すると、【自分に】【自分のやりたいこと】にエネルギーを
使うことができる♪と私は考えています。
 
本の中で、
 「コンテクスト」という言葉が、使われているのですが、
その説明として、
 
【その人が、どんなつもりで、その言葉を使っているのかの全体像】
 
【同じ日本語を話していても、私たちは、一人ひとり違う言葉を話している、この話し言葉の総称。本来は文脈、という意味。】
 
私の思い描く「青」という色と、
あなたの思い描く「青」という色は違う。
「青い色」という表現を使って会話するとき、
その「青」は全く同じ「青」ではない、ということになる。
 
でも、対話するときに、お互いすり合わせて、
その「青」の共通する部分を探っていく。
そして、その 「共通点」を見つけた時の
喜びが、コニュニケーションの喜びなのかもしれません。
 

こどもとわたしのコンテクストの違い。

こどもたちの話す言葉の、表面上の言葉に、
こどもたちが本当に伝えたい部分が、含まれていないと
感じることがよくあります。
表現はことばだけでなく、前後の行動、表情、
それらも含まれているからです。
 
私は、つい、こどもの表面の言葉だけを解釈して、
自分の経験から勝手に想像して、
腹を建てたり、イライラしたりすることもあるのですが、
よく感じ見ていると、
こどもの伝えたいことは、そこではなかったんだ!
とハッとすることが多々あるのです。
 
こどもの年齢が重なるにつれ、
ストレートな表現だけではなくなり、
表現の仕方もとても複雑になっていると感じます。
明らかに、私と子どものコンテクストが違うのです。
それを理解した上で、
子どもたちの言葉に耳を傾けると、
違った景色が見えてくるのです。
 
あ、子どもに限らず、パートナーとのコンテクストの違いに
目を向けることも、とても面白いものだと思います。
 
「わかりあえないことから」というタイトルに惹かれ、
手に取った一冊。
「人と人は、必ずわかりあえるはずだ」
という理念に疑問をもったその時、
「みんななかよく」
という教育に疑問を持ったその時が、
コミュニケーションの始まりなのかもしれません。