読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

苦労は買ってでもする?

かんがえかたのこと。

 

f:id:keiko-san:20160703071210j:plain

苦労は買ってでもする?

結論から言えば、「全く、必要ありません。」

と私は、思っています。

嫌なことなのだったら、しないほうがいいでしょ。と。

 

「苦労は買ってでもしなさい」とか、
「世の中は楽しいことばっかりじゃないんだから」とか、
「人生はそんなに甘くないんだ」とか、
私の周りの大人たちは、言っていました。
 
しかし幼心に「本当にそうなの?」と思っていました。
何故なら私の周りの「(買ってでも?仕方なく?)苦労した大人たち」
は、ちっとも楽しそうではなく、いつも辛そうでした。

そして自分が苦労し楽しめなかったので、
子どもが、楽しむことは、「悪いことだ」
と感じるような雰囲気を無意識に創りだすのです。
この無意識が本当に曲者。
 潜在的なもので、悪気がない。 気が付いていない。

 悪意が無いからといって、
子どもの育ちに悪影響ではないとは言えない。
むしろ、悪影響でしかないと思います。(笑)
 
大人になり、親になり思うのは、
「苦労は買うまでもなく、必要な学びはもれなくついてくる」
「世界は楽しいことで彩られてる」
「人生は、けっこうそれなりに、甘くもあるかもね」
ということです。
 
「苦労」の種類にもいろいろあるのかもしれませんが、
自分で、ある目的や目標、やりたいことに向かう過程での
「大変さ」は、嫌でも向き合い、考え工夫し、
乗り越えていくでしょう。
そして、その人に必要だと思われる【学び】は、
日々の中に沢山あり、
「自分にとっては、一見不都合に見える」現象として現れてきます。
 
買うまでもなく、もれなくついてくるのです。
 
今の私の身近には、そして、一見、端から見ると、
「大変そうだ、」と思うことも、「楽しいよ!」
と、乗り越えることを、楽しんでいる大人たちが沢山います。
そういう人たちは、「大変だ」とか「苦労してる」とは思っていない。
心底楽しんでいるのです。その状況を。
 
なにごとも、楽しめる大人たちを見ていると、
「大変さ」「苦労すること」を振り撒くことは、
誰もしあわせにはしない、と思うのです。
 
そして、不思議なことに、
楽しんでいると、困ったときにも、
なにかしら助けを得られる。
絶妙なタイミングで。
 
「必要なことは自然に学べるし、
世界は、楽しいことだらけだし、
人生ってけっこうそれなりに甘いもんだよね。」
 
と言える大人になりたい。(笑)
 
私たちは、楽しみ、遊び、笑い、
時には怒りや悲しみを乗り越え、
自分に向き合い、
しあわせになるために、産まれてきたのです。
 
苦労という名の、負の連鎖は、もうおしまいでいい。
 
 遊ぶように、毎日を笑っていたいと思うのです。