読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

自分の中から湧き出る言葉。

f:id:keiko-san:20160826110541j:plain

毎日、思うのです。

そどれだけ、「自分の言葉で話すことができているだろうか」と。

 

それは、誰かに言われた言葉ではないのか?

どこかで読んだ言葉ではないのか?

誰かが言った言葉ではないのか?

  

多かれ少なかれ、人は様々な物事や、

育った環境、関わっている人々、

今、置かれている環境から影響を受けて生きています。

 

 でも、その中で、どれだけ自分の中で、

「腑に落ち」「行動し」「話すこと」

が、できているのだろうかと思うのです。

 

行動の癖、話し方の癖、言葉の選び方の癖。

勿論、私にも色々あるのだと思います。

 

私は、基本的に思っていないことは言えないので、

お世辞などが言えません。(笑)

違和感があって、決して言えないのです。

気持ち悪くて、口からその言葉を出すことさえ出来ない。(笑)

 

 話すとき、文章を書く時、

「この言葉は、私の中からきたものだろうか?」と

いつも確認しています。

何かに影響されているとしても、

自分の中にきちんと落ちているのだろうか。と。

 

自分の言葉で話し、表現をする方々は魅力的です。

それは、技術的なことでは決してないと思います。

言葉の数でもないと思います。

 

それが仕事となれば、それが求められる場合もあるかもしれませんが、

それでも、その言葉にその人となりが感じられるか、感じられないか、

ということは、仕事においても大きく影響していくと思います。

 

頭の上の方を通り過ぎていく、

「どこかで聞いたことがある」「誰かが言ってた」

「本に載ってた」「お決まりの表現」・・・

コピー・アンド・ペーストの表現はつまらない。

 

そこに、自分はあるの? 

 

そのような場合、どうしても、

「本当に自分の言葉なの?本当に、そう思ってるの?」

という疑問が浮かび、本音が見えず、

私にとって、とても居心地が悪いのです。

 

腹の探り合いに時間を割きたくはないのです。

 

そして、どちらかにより掛かりすぎるでもなく、

甘えるでもなく、

力関係などなく、

過剰に褒めることもなく、

ただ在る姿を受けとめて、

人として、対等な関係性を築いていきたい。

 

在るが儘、

我が儘に、

自分に心地よいやり方で、生きていこう。

ややこしいことなんて、何もない。

すべてはとても単純です。