読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

きりん語録・其の六。おまけのりらら語録。

↓手のかかるひと・其の弐。こちらは、ほぼ元気になり余ってます・・・。

f:id:keiko-san:20160831164808j:plain

回復傾向の子どもたちに留守番をしていてもらい、

用事を済ませに幼稚園へ行った時のことです。

DVDを観ていてもらい、終わるまでに帰宅しようと思っていたのですが、

ちょっと遅くなってしまいました。(^_^;)

 

すると、お腹が空いたという、りららにきりんが、

おむすびを作って食べさせてくれていました。

お米粒を家中に撒き散らしつつ・・・(笑)

 

あ~大きくなったな~と思いながら追加のおむすびを

作り、一緒にお昼ごはんを食べていると、

 

きりんに、こう言われました。

 

「お母さん、DVDが終わっても帰って来なかったけど、

どうしたの?あ、遅くなったことが、どうこうって、

いってるんじゃないんだよ。ただ、遅かったから、

どうしたのかな、って思っただけ。」

 

自分が、私を責めてるわけではないということ。

ただ、心配してたんだよ。

と冷静に話せることに、ただただ感心してしまいました。

やっぱり、敵わないなぁ。(笑)

そんな言葉のおかげで、

「遅くなってごめんね」と再び素直に言えたのでした。

ありがたい。

 

おまけのリララ語録。

りららからきりん伝染ったであろう手足口病

私が、何気なく、

「りららから伝染ったかな~」と呟いたら、

 

「りらら、きりんに、伝染してごめんねっていわなくちゃな~」

 

ときりんのところにいき、

「きりん、伝染してごめんね~。」

「別に、いいんだよ(^^)」

という会話が繰り広げられていました。

 

一緒に生活していたら、病気は伝染るものだし、

そうやって大きくなっていくんだよ、と二人に話しました。

 

私が、つい「伝染らないといいな~」なんて呟いてしまったから、

と反省中ですが。(^_^;)

去年の夏は、二人で水疱瘡にかかったっけ。

そうやって、免疫つけて、大きくなるんだよね。

 

風邪はひかせるものではなくて、ひくもの。

 

野口整体の創始者、野口晴哉さんの言葉に、

どれだけ救われてきたかを思う出来事でした。