けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

学校と私。①

f:id:keiko-san:20160913083458j:plain

「きりんと先生」シリーズと平行して、

「学校と私」も書いてみようかなと思います。

 

学校と私。

 

学校に行くと、眠くなります。

先生ときりんが話しているのを、傍で聞いてるだけですが、

あくびが止まらなくなります。

隠すのが大変です。(笑)

 

学校の掲示物などに目をやります。

「いわれてうれしいことば」

「いわれていやなことば」

とか貼ってあります。かなり前から貼ってあります。

ふーん、と思って読みます。

行く度に、言葉が書き足されています。

 

画用紙に、言葉が書き足される過程に、

先生と子どもたちの間では、どういったやり取りが行われるんだろう?

とても気になる。

 

今度、先生に聞いてみよう。

どんなやりとりがあって、このように掲示しているか。

なんて応えるのか、楽しみです。(笑)←悪趣味。

 

相手が言われたら嬉しいから言うんじゃない。

まして、学校でダメって言われたから、

先生がダメって言ったから、言わないんじゃない。

とか思いつつ、こどもたちは、これをどう受けとめているのかな?

と、また想像する。

 

 

運動会の後には、

同じ構図の「玉入れ」の絵が沢山並んでいました。

何のために、同じ構図で書くように指導したんだろう?

っていうか、絵って指導されてかくものなの?

とかまた想像する。

 

この小さな空間の中で、

いったいなにが起こってるんだろう。

子どもたちは、

毎日、何を思い感じているんだろう。

 

そして、あくびがとまらないのです。

スミマセン、先生。

 

 

 

 

広告を非表示にする