読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

「かわいくない。」

f:id:keiko-san:20160913120328j:plain

子どもたちの靴下がサイズアウト&穴あきにより、買い足しました。

 

靴下って汚れるし、

穴もあくし、

汚れの目立たない、合わせやすい、シンプルなものがいい。

と、思って、

グレーのシンプルな靴下を選んだところ・・・

りららさんから、ブーイングが!(-_-;)

 

「かわいくない。かわいくないから、履きたくない。」

 

ちーん。

 

作用でございますか。

 

ちょっと刺繍してみたら、納得してくれました。

スボンの膝に穴が空いたときも、

適当に膝当てと刺繍をしたら、

こどもたちも喜んでくれて、

私も適当に好きにやってるので、楽しい。

 

なかなかカワイイ靴下ってないんですよね。

耐久性もある程度あって、

キャラクターとかではなくて、

合わせやすくてカワイイ靴下。

 

しかし、

「かわいいもの」「綺麗なもの」が好きな我が家の男子たち。

面白い。

彼らの、「かわいい」「綺麗」「好き」の基準は、どこからくるのかな。

 

こどもたちと買い物に行くと、

こどもたちのセレクトがなかなか面白いのです。

きりんとりららの好みも当然ながら違う。

 

雑貨屋さんなど、恐る恐る一緒にみていると、

「これが綺麗」「これが好き」「これ、いいんじゃない?」

など言って観ています。

私は、その様子を、へ~って思いながら観ています。

今度、子どもたちのお茶碗を一緒に選びに行こうと思っています。

 

しかし、雑貨屋さんは、当然ながら壊れ物が多く、

壊す気がなくても、壊してしまう恐れがあり・・・・

自分が雑貨屋でバイトをしていたこともあり、

お店の人の気持ちもわかる・・・(^_^;)

 

でも、「触っちゃダメ!」と連呼したくない。

 

とても壊れやすいものだから、そっと触ってね。

といいながら、観ているのですが、

それなりに、私がドキドキします。(笑)

 

でも、身近に、いろいろな形・デザインに触れる機会でもあるな~

とも思うのです。

 

ただ、子どもに張り付いているので、

自分の観たいものが全く見られないのが最大の難点であり、

雑貨好きの私のストレスです。(笑)

 

 ↓納得していただけたご様子。m(_ _)m

f:id:keiko-san:20160913120432j:plain