読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

伝えにくいことを、伝えること。

かんがえかたのこと。 わたしのこと

↓どんな時も、自分に誠実である人。(笑)

f:id:keiko-san:20161008084815j:plain

 

自分意外の人と関わっていると、

伝えにくいなぁ・・・と思うことも、

伝えなくてはならないことが出てきます。

 

それは、友人・知人だけでなく、

家族・パートナーでも同様だと思います。

家族・パートナーの場合、比較的遠慮がなくなり、

そこで、喧嘩になったり、

相手を責めるような言い方をしてしまうこともあると思います。

それでも、謝ったり、反省して関係性が修復できる場合も多い。

だからといって、配慮しなくていいということではないと思います。

むしろ、親しい関係だからこと、

心を配る必要があるのだと思います。

 

しかし、これが友人・知人の場合はとても難しい・・・

 

と、思って居たのですが、

本当はそうでもないのかもしれないと、最近思っています。

 

誠実に、

相手を責めるのではなく、

自分の感じたこと、事実のみを

穏やかに、でもハッキリと伝える。

 

メールなどではなく、出来れば顔を合わせて。

相手や場合によっては、メールや電話、手紙が

よいこともあるかもしれませんが、

一方的になる可能性が高いこと、

自分の真意が伝わりきらないこともあると思います。

言葉にならない、空気、表情も、

伝えることの大きな要素だと思うのです。

 

あとは、相手の感じ方を私がどうこうできないので、

手放す。

 

私の場合は、そのことを躊躇するときは、

伝えるタイミングでない、

伝える必要がないことである、

あるいは、

伝えることで、相手に悪く思われることへの恐れ、

自分を守ろうとする力が働いているのだと思いました。

 

でも、守るべきものは、

自分の平和であって、

自分の評価ではない。

 

そう思うと伝えにくいことも、伝えられそう。

じゃないですか?(笑)

 

自分にも、

相手にも、誠実に在る。

 

私のテーマです。