読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けいこさんのブログ

ときどき、料理教室。ときどき、お菓子屋さん。ときどき、ハンドケアと食養指導士。まいにち、わたし。

きりん語録&りらら語録。~妻には言ってはいけません。~

f:id:keiko-san:20170422090618j:plain

 

私事ですが、現在第三子を妊娠中です。

毎回のことながら、悪阻がとても酷く、今回もピーク時は、

体重が10キロ減り、水も飲めず、2ヶ月ばかり寝たきりでした。

まさに、生きる屍。(^_^;)

 

そんな中、夫も子どもたちも、家事など頑張ってくれました。

きりんは、主夫の様に、ご飯を作り、洗濯を畳み、弁当をつくり、

りららの面倒を見てくれていました。

 

きりんは、私が、あまりにも体調が悪いので、不安になることもあったようで、

頭の中には、「気持ち悪い・・・」しか浮かばない私の枕元で、

 

「お母さん、お母さんはきりんがお母さんのこと大好きだってわかってる?」

「・・・はい。わかってます。(気持ち悪い・・・(-_-;))」

「お母さんはきりんの事、好き?」

「・・・はい、好きです。(あのですね、私、今、物凄く、気持ち悪いんですけど・・・(-_-;))」

 

私が物凄く体調が悪い時に、子どもに聴かれているのことなので、

冷静に「あぁ、私が不調だから、不安なんだな。」と思えたのですが、

でも、相手が夫だったら、めちゃくちゃ嫌かも。

 今、物凄く具合悪くて、それどころではないんです・・・状態になる。(笑)

 

他にも、きりんに

「妻には言わないように!」と思うのが、冷蔵庫を開けた時や、夕飯のメニューを見て、

「これしかないの?」とかいうこと!(# ゚Д゚)

 

私が、「大変だったな~」と思う出来事を話しているのに、それを最後まで聴いていた上で、

「え?それがどうかしたの?」とかいうこと!(# ゚Д゚)

 

これが夫なら即絶縁です。私だったら。(笑)

 

 とにかく、人に、特に、嫁や彼女にそういうこと言わない人、男性になってほしい。

と、普段は「こう育って欲しい」と全く思わないけど、思う。(笑)

 

一方、第二子で、空気を読むことに長けているりららですが、

負けずと地雷踏んでます。

先日、私がりららに言われて工作した物に色を塗ったら、

思ったものと違ったようで、ボソッと、でも、聞こえるように、こう言ったのです。

 

「あ~あ、お母さんなんかに頼むんじゃなかった・・・・。(-_-)」

 

このあと、母がブチ切れのたは、言うまでもありません。

まだまだ修行が足りない母。大人気ってなんだろう。(笑)